Amazonギフト券の有効期限日を確認する方法

アマゾンギフト券の買取は、オンライン売買サイトがお勧め!

ゲーム課金やネットショッピングに重宝されるアマゾンギフト券。
最近ではプレゼントや引き出物としてよく使われるギフト券です。
ですが、あまりネットで買い物をしない人や、使い道のない方にはどうしよう、と思ってしまう時もありますよね。

カードでギフト券をもらったのであれば、金券ショップで売買すればいいけれど、ギフト券ナンバーだけを贈られると、どうしていいのか迷っちゃう人も多いかと思います。

そんな時は、オンライン上で売ってしまうのがお得!

私がお勧めするのは、アマテンというサイトです。
今回は、そのアマテンについてご説明いたしいます。

アマテンは、名前の通りアマゾンンギフト券を売り買いできるサイトです。
アマゾンギフト券以外にも、アイチューンコードや楽天コードなど、多数のギフト券も売買できるのでと進めです。

普通の買取サイトとは異なり、売り手がいて、買い手がいた場合取引が成立となる仕組みが特徴です。
こちらの売値と相手の買値の設定次第で、すぐに商品がうれちゃうわけですから、オークション気分て売買ができちゃいます。
つまり、個人間で売買できるので、売りたい方はより高いねで売り、買う方はより安い値段で買えるというわけ。

まずは会員登録をし、入金、出金の口座も登録します。ネットバンクだと反映が早いので、楽天やSBI、ジャパネットがお勧め。
登録をすませたら、早速売る作業に入りましょう。

ギフト券の選択をし、ギフト券の番号を入力。ギフト券の金額を入力して、有効期限も入れます。最後に売りたい値段を入力して完了。

あまりに高い値段を設定してしまうと、いつまでたっても売れない状態が続くので、相場を参考に値段を設定した方が良いでしょう。
相場は、メイン画面にある取引されている画面でわかりいます。
たとえば、1万円のアマゾンギフト券コードがあったとします。
それを9800円で設定すると、98%の利率で売買となります。
買い手が結構あるので、比較的早く売れると思います。

売れたら、自身のアカウントに残高として繁栄されますので、出金からお金を振り込む手続きができます。
注意;2000円以上の残高があるときのみ、出金依頼ができます。
(ただし、アマテンで登録している口座と、振り込む口座名が同一のものでなければいけません)
出金手数料は499円ほどかかりますが、ギフト番号だけ持っていても、金券ショップでは売れませんよね。
このアマテンでは、その番号で売りに出すことができるので、お勧めです。