Amazonギフト券の有効期限日を確認する方法

amazonギフト券で節約した買い物を実現

500円か1000円分のamazonギフト券をこまめに手に入れることの多い私は、それをコツコツとアカウントの残高に加算してからまとめて使うようにしています。500円か1000円分のamazonギフト券いずれかだけでは、あまり高い商品は買えません。しかも、2000円未満の買い物をすると配送料が基本的にかかってしまうので、それではもったいないです。そこで、少なくとも2000円以上アカウントの残高に貯めてから、使うように心がけています。配送料が一部有料になってからは、そうしている人が私以外にも多いのかもしれないです。

 また、アカウントへの残高に加算することを忘れてしまわないようにするため、もしもamazonギフト券を受け取ったらすぐに加算処理をします。amazonギフト券は受け取った段階ではまだアカウントの残高に加算されていませんので、その状態のままにしておくメリットはほとんどありません。電子メールでamazonギフト券を受け取った場合、そのまま放置しておくと、その後に新着メールをたくさん受信すれば気付かなくなる恐れがあります。そのため、電子メールが届いたら即座にそのメールをチェックし、それがamazonギフト券だったらアカウントの残高にすぐ加算処理をしてしまいます。そうすることでamazonギフト券を絶対無駄にせず、コツコツと貯めることが可能になります。

 amazonでは商品の注文時にamazonギフト券の残高があれば、そこから優先して支払いをするようになっています。そのため商品の合計金額よりamazonギフト券の残高が上回っていれば、現金を支出させることなく買い物できます。これは、家電製品など日常生活に必要でなおかつ比較的高額な商品を買うときにとてもありがたいです。比較的高額な商品は、そもそも買うかどうかをかなり悩んでしまいます。そのときamazonギフト券によって支払いの負担が少しでも軽減されるなら、それで背中を後押しされて「買ってみよう」という気持ちになります。そうして購買意欲をかきたてるのに、間接的ですがamazonギフト券は効果があります。

 よほど意識的にamazonギフト券を集めない限りは、アカウントの残高を大きく増やすことはできないのかもしれません。ただ、たとえ数千円相当でもamazonギフト券が貯まっていれば買い物において負担が違いますので、貯めておくことは有効的です。少しでも節約した買い物ができれば家計を助けることになりますし、日常的にamazonを利用する人にはamazonギフト券が多いほど嬉しいです。